フランス語の歌

発表会ではいろいろな国の言葉で子供の歌を歌っています。今回はフランス語とイタリア語。 基はフォルマシオン・ミュジカルから始まりました。フォルマシオン・ミュジカルとはフランス政府が1970年代に施行した指導要領なんです。実際の音楽を使ってソルフェージュの総合的な練習をする。ここがポイント!生徒達の曲の理解度を速めよう、って思って始めてからもうすぐ2年。最近はフォルマシオンらしく音楽を聴いてその曲に関した問題が解けました。1曲はベートーヴェン作曲、交響曲第7番。隣のページの曲と照らし合わせました。2曲の違い、うーー。そうそうリズム。みんないろいろな事を言っていましたが徐々に正解が。それからフランス民謡のイントロのリズム当て。アヴィ二オンの橋で、お母さん聞いて(キラキラ星)  前もってYouTubeで探してみんなで見ながら聞きながらでしたが順番に進みました。やっと実際の音楽が使われる所になりました。                                       それで「月の光」なんです。この歌詞がほんの一部だけ載っていました。この曲をこのメンバーで歌おう、と言うことでみんな、頑張って暗譜しました。換気やソーシャルディスタンスを考えながら発声練習しています。本当にみんな良く歌えるようになりました。7月3日、楽しみです。

投稿者: tamamorimariko

岐阜市加納天神町玉性院で音楽教室を主催しています。岐阜大学大学院音楽教育研究科修了。ピアニスト、ソプラノ歌手です。 生徒はピティナコンペティションの地区本選に出場したり、学校の伴奏オーディションはほぼ合格しています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。