ブログ

日本音楽教育学会口頭発表の投稿OK!

たまもりピアノ・リトミック教室

玉護眞理子です。
梅雨入りしています。

あじさいが鮮やかに咲いていますね。

紫色は魔除けです。我が家の住職の衣、座布団も紫です。

発表会の案内が始まりました。

サラマンカホールは音楽大学出身者でも演奏したことが無い方が市いっしゃるほどの

憧れのホールです。

そこでスタインウェイフルコン2台ピアノなかなか有りません。

皆さんでこの素敵な空間を

味わいましょう!

それと、音楽教育学会の

11月の口頭発表要旨を投稿しました。

明日締め切りです。

フォルマシオン・ミュジカルによって

生徒さん達がとても育ってくれました。

これは本当に感謝です。

コロナ禍の時にも継続できて

ピアノレッスンのための指標となりました。

レッスンに通ってくれている生徒さん達、

これをグループレッスンにしようと

協力くださった岐阜大学松永洋介教授。

学会の口頭発表にも論文にも

大変、お世話になっています。

投稿するのはすべてオンライン。

いつもドキドキです。

登録、支払い、PDF化。

学会によってちがうので

昨年は日本学校音楽教育実践学会口頭発表は歌に関して。

今年も登録しました。

7月に発表要旨を投稿します。

これは8月に発表です。

本当に多くの方々のお世話で

成り立っています。

たまもりピアノ・リトミック教室では

若干名、生徒募集中です。

お得な3名様限定のキャンペーンします。

お気軽にお問い合わせください。

公式LINEからお得なクーポンを

ゲットしてくださいネ。

お休み中

たまもりピアノ・リトミック教室

玉護眞理子です。

このところ、ずーっと家の整理整頓しています。

皆さんはいつされますか?

我が家はお堂を入れると3棟になります。

あっちを向いてもこっちを向いても

なんやかやと出てきます。

古ーい花瓶、子どもの漫画、

絵本、これ、使えそう。

なので、ゴミもすごい。

軽トラで何回か主人がゴミ出しに

行ってきました。

市の施設、予約して,ゴミ袋とか

全部、料金シール貼って。

思い出もあるけど、新しい生活に

慣れていきます。

そろそろキャンペーンいたします。

ご注目くださいね!

ただ今、若干名、生徒募集中です。

お気軽にお尋ねください。

ピアノを弾く前に!

たまもりピアノ・リトミック教室

玉護眞理子です。

このところ、お天気降ったリです

ね。降ったリですね。

丹羽のあじさいが咲いています。

そろそろ、梅雨ですね。

ピアノの基礎に関しては

いろんな事がありますね。

リズム、拍子、打鍵方法、

歌?て変とおもわれます?

奏では無いんです。

歌詞の乗っているテキストを使っています。

歌うとその内容が書かれています。

その気分になります。

どんな気持ちか考えてみましょう。

そうしたら、どんな音になるでしょう。

どんな、音がだしたくなりますか?

ただ、楽譜を見て

いきなり弾くのでは無く

ちょっと模様を読んでみましょう。

一緒にドレミで歌ってみましょう。

これから発表会の準備に入ります。

よろしければお早めに

お問い合わせください。

10月1日 土曜日 サラマンカホールで発表会

発表会の選曲の準備を始めました。

保護者の皆様に打診を、小学生・中学生の生徒さんには

直接、尋ねています。

ドキドキ、楽しみ!2台ピアノを今年も用意します。

思いはそれぞれですが、

小さな生徒さんはとても存在感があります。

大きな生徒さんは聴き応えが出てきます。

サラマンカホールで発表会を開催するようになってかれこれ10年。

外国の演奏家が演奏するホールです。

子供達だけでなく、プロの演奏家の鑑賞も是非一緒にお聴きください。

ミニコンサートも第2部で行っています。

こちらも聴き応えのあるプログラムです。

今からプログラムの練習に入ります。

整ったらお知らせしますね。

ぜひ、聴きにいらしてください。

日にちは10月1日土曜日 マチネです!

ただ今、たまもりピアノ・リトミック教室では

生徒募集中です。

お気軽にお尋ねください。

ピティナコンペティションと貸し練習室

暑い日でしたね。

2時過ぎの岐阜大学の近くの

橋の近くの温度は33度と

なっていました。

授業の前に体育だったようで

体調不良で何人かお休みされました。

その帰りに土・日曜日にある

ピティナコンペティションに

エントリーしているらしい方から

お電話いただきました。

何でも関東からコンペのために

いらっしゃるようで、

貸し練習室をお探しでした。

問い合わせは3件目です。お貸しできるといいのかもしれませんが

レッスン室はプライベートでも

使用するためにお貸しすることはないので

ご丁重にお断りしています。楽器店さんですとお借りできること,多いです。

それにしても、地元は半分以下と

以前に楽器店の方からお話しは

聞いていましたが

関東モなんですね。

岐阜はこの何年かでレッスン事情が

急変しています!

(多分私の気のせいでは無いです)

そしてその恩恵にもあやかっている

つもりです。

以前に埼玉に娘を連れて行った

記憶が・・・

姉がいましたから。

日曜日は楽しみに聴きに行きたいです。

たまもりピアノ・リトミック教室では

生徒募集中です。

お気軽にお尋ねください。

バイエルの指練習の使い方

たまもりピアノ・リトミック教室

玉護眞理子です。

6月になり、レッスン初日です。

昨日は

コインランドリーで布団のお洗濯しました。

お天気が良く,ベランダに干したら

ふかふかになりました。

大学にも行ってきました。

授業で使っている

バイエルの後ろに記載されている

指練習をちょっと弾いてみました。

実際に真剣に取り組んでみると

簡単なようでも工夫次第では

いろいろなアレンジができて

パターンができました。

指番号を変えるだけでこんなにも

便利で単純だとは思いませんでした。

今度はリズム練習も試してみますね!

なかなかいい感じになります。

幼児には「メトー土ローズ」を

他のテキストと合わせて譜読み、

指の運動、音楽性をかねて使っています。

小学校から始めた生徒さんには

途中からバイエルを使います。

この練習方法、取り入れます。

たまもりピアノ・リトミック教室では

生徒募集中です。

ホームページからお問い合わせください。

もうすぐ新学年が始まります

新しい学校はどんなお友達がいるかな?どんな授業かな?今度のクラスは誰と一緒かな?    ワクワク、ドキドキ。私もどんな学生と出会えるかな?ワクワクです。

皆さん、春休みはどの様に過ごされましたか?
私は講習会、帰郷した子供達の世話⁇、
和歌山の高野山、奈良の龍泉寺となかなか行けれないお寺に行ってきました。
この何年かご縁のあるお寺の御朱印を受けています。

お休みだったので皆さんの様子を聞きながら動画を送ってもらいました。
年少さんもオンラインできます。
練習動画、課題の曲、アドバイスのコメントなどいたしました。

旅行に出かけた生徒さん、結構いました。
それでもコツコツ、練習を積み重ねています。

月日が経つと成長したなぁ、とつくづく思います。
何ヶ月か前はああだったのにこんな事ができる様になっている!とっても感動します。

そして親御さん達にも感謝します。子どもは早いですね。
お家でのお声かけ、レッスンの振り返りを
してもらえて嬉しいです。
レッスンできるのは30分ほど。
お家での練習に集中する事で
どんどん成長していきますね。

時間を見つける事は大きくなって
勉強だらけの忙しさでも
時間のやりくりできる子に育ちます。

大人になっても役に立ちます。
ピアノは覚える、指の運動をする、
音符♫♩♬の長さを数字で考えるなどなど
たくさんの基礎知識が増えます。

お子様にいかがですか?
大人の方も生涯教育で
脳トレしましょう!

バイエルについて

初心者、ピアノの初めはバイエル?
バイエルはピアノの教本の代表ですね。
私の教室でも最初の時
「バイエルでお願いします。」
と時々言われます。
以前は
「バイエルは大人のために作られています。」
とお答えしていました。
これ、本気で思っていました。そのように書かれた本を読みました。
(どの本だか忘れました。)

バイエルの由来を元奈良教育大学の先生が書かれました本があります。
私は後任の先生は日本学校音楽教育学会で存じ上げています。

それはさておき、バイエルはご自分のお子さんのために作曲したそうです。
そして、ヤマハ音楽教室と桐朋子どものための音楽教室が
基は同じであるときに分かれたことも書いてありました。
修論の時に2つの教室の読譜の始め方を見学させてもらいました。
その時に似ていることが気になっていました。

日本のピアノ教育はここが発信していました。                       今はいろいろな方法が講座を通して習えますね。

そのバイエル、幼児初心者には使っていません。
理由はずっとハ長調が続くため。
抜粋すればいいのですが、
あまり練習が進まない子には同じような曲が続き
進度が遅くなるためです。
練習方法の工夫が必要です。

指のためにはいいと言われる先生もいます。
それでも小学校1年生や3年生とかに始める生徒さんには

ハノンを取り入れる前にバイエルの下巻の少し薄い本を使います。
大学でも使っています。
このバイエルは幼稚園で80番代後半を弾いていました、
母に叱られて泣きながら練習したのを覚えています。

ある日、大学で師匠の生徒がバイエルを弾いているのを
聴く機会がありました。
何て美しい曲なんだろう!!!
本当にそう思いました。
自分の基準で考えるだけではなく
周りをよく聴こうと思いました。
昔にCD買ってあります。
聴いてみます。
幼児には想像力豊かな「まいぴあの」・バスティンを使います。
シャープ、フラットがあっても気にならないです。
小1の生徒さん、まいぴあので短調の気持ち、
とてもよく分かっています。
音楽って心ですね。
ただ今たまもりピアノ・リトミック教室では生徒募集中です。

お気軽にお尋ねください。

朝から夜までオンラインセミナー

今日は朝10:00からずっと夜21:30過ぎまで昼食、夕食時間があったけど、ずっとオンラインで絶え間なかったです。それでもアーカイブのセミナーは後日、視聴します。

最初は保科陽子先生のIT、たくさんの事を教えて頂きました。これはたまもりピアノ・リトミック教室で検索してみてください。

そして昼からは日本音楽教育学会東海支部例会で楽器発表を聴いていました。        こちらもコロナ禍でのIT活用。                            それから児童におけるリトミックを用いた授業。                     何だか今、気になって取り組んでいることと重なります。                 今年も愛知教育大学の先生方が司会されていました。                   国府先生は娘が昔お世話になっていましたので、メールでご挨拶しました。

またまた、保科陽子先生のIT講座と続きました。この作業に慣れるとパソコンが大活躍ですね。

夜はずっと取り組んでいるフォルマシオン・ミュジカル。いつもは高田美佐子先生の指導法と実践ですが、今回は高田先生のフェイスブックからフランスの音楽院で実際に教鞭を執っていらっしゃる津覇えりな先生のセミナ-を受けました。
日本語で現地の授業が聴けるのはとても珍しいです。ムジカノーヴァにも時々掲載されています。
フォルマシオン・ミュジカルは本格的な声楽も必須です!

最近はちょっと指のけがで座学ばかりですがいつもより時間をかけて和声、即興にも取り組んでいます。

ソルフェージュ、あまり理解度がありません。でも、音楽を理解して曲が何を表現したいか、譜読みが早くなるためには早道です。それは脳の回転の速さにも繋がりますよね。

たまもりピアノ・リトミック教室では生徒募集中です。

1対1の安心トークができます。

1年のふりかえり

ブログを読んでくださってありがとうございます。

今年1年間の活動報告です。

生徒の皆様

入会者 10名

7月6日 サマーコンサート 出演

OKBふれあい会館 サラマンカホール

(岐阜県文化公演活動配信促進助成事業)

演奏曲目例

中学3年生 リスト作曲 2つの演奏会用練習曲より「森のざわめき」

小学5年生 バッハ作曲「イタリア協奏曲」より第3楽章

小学5年生 ベートーヴェン作曲「悲愴」第3楽章

小学5年生 シューマン作曲「子供の情景」よりトロイメライ他

伴奏オーディション

11月 中学3年生  合格

岐阜大学作曲公開講座

11月23日 小学5年生2名 

(准教授 西尾洋先生) 参加

クリスマス会

12月24/25日

演奏とソルフェージュ

講師

演奏会

7月6日 サマーコンサート 出演

OKBふれあい会館 サラマンカホール

(岐阜県文化公演活動配信促進助成事業)

石山英明氏と2台ピアノ共演モーツァルト作曲 2台ピアノソナタ 岡本茂朗氏、玉護文乃 出演 

 12月19日 羽島市音楽芸術協会主催定期演奏会 出演OKBふれあい会館 サラマンカホール 指導大学

桜花学園大学・岐阜大学 

 講座 (全てオンライン講座) 

西尾洋先生 近現代のアナリーゼ

毎月第2火曜日 10:30~12:30

・プーランク 即興曲集 3回シリーズ

・子供用曲集(ピアノコスモス・バスティン名曲集など)3回シリーズ

高田美佐子先生 日曜日 2時間

 フォルマシオン・ミュジカル

保科陽子先生

 月1~2回 日曜日 10:00~16:00

 自己肯定感講座

 IT講座 他

大嶺未来先生

 ラフマニノフ講座

リトミック

名古屋音楽学校

 春期講座 2日間

 夏期講座 3日間

 国立音楽大学内

 シニアのためのリトミック講座 11月

レッスン受講

石山英明先生 

ピアノ及び伴奏法

西尾洋先生

作曲、和声、アナリーゼ

岡本茂朗先生

声楽

松永洋介先生

論文

荒木裕子先生・浅野加織先生

リトミック指導者要請コース

学会及び論文

8月 日本学校音楽教育実践学会口頭発表

2022年3月 予定 実践論集

10月 日本音楽教育学会全国大会口頭発表

11月 桜花学園大学紀要第34号 投稿発表

陽子の部屋に出演しました。

テレビ出演しました。


 フェイスブック

 YouTube

伴奏オーディション

学校の音楽行事と他の行事

岐阜市たまもりピアノ・リトミック教室

玉護眞理子です。

ブログを読んでいただきありがとうございます。

10月30〜31日と埼玉の娘のところに行ってきました。

娘の勤める小学校では

もうすぐ校内音楽会があります。

それで休日でも研修していました。

また、教室では卒業式の代わりで

修学旅行に合唱があると

中学3年生の生徒さんから連絡がありました。

伴奏オーディションです。それも短期間です。

中学3年生といえば受験ですが

他の生徒達も立候補して頑張っているみたい。

いつもオーディション合格している

生徒さんなので今回もぜひぜひ!

修学旅行、運動会とこの秋は盛りだくさんです。

みんな、嬉しそうに話しています。

教室の生徒さん達も頑張っています。

秋と言えば1番人気のこの曲

岐阜市たまもりピアノ・リトミック教室 玉護眞理子です。

ブログを読んでくださってありがとうございます。

さあ、注目の

秋といえばこの曲!

あるアンケートサイトの投稿して

集計しました!

小さい秋見つけた

https://youtu.be/6YHyTHmC_QU

ウィキペディアより

1955年にNHKの特別番組『秋の祭典』の楽曲の1つとして作曲され、

伴久美子がソロで歌った。番組内限定の曲であり、当初はレコード化されなかったが、

1962年にキングレコードのディレクター長田暁二が合唱に最適な曲として見い出した。

ボニージャックスの歌唱でレコーディングされ、LP『サトウハチロー童謡集』

(品番:KH-53 / SKH-8)に収録された。

同年末の『第4回日本レコード大賞』で童謡賞を受賞した。


後に文部省認定曲として小学校の音楽の教科書に掲載された。

このサトウハチロウさん、

子供達が通っていた加納小学校の校歌の作詞家です。

そして加納小学校も加納中学校もNHK合唱コンクールに参加しています。

小学校の合唱の伴奏、長女の時にしました。

中学校の合唱の伴奏、次女の時にしました。

県大会まで出場したのでどちらもその様子が

NHKで放映されました。ピアノ弾いているところです。

たまもりピアノ・リトミック教室では生徒募集中です。

お気軽にお尋ねください。

公式LINEはこちら

@008rxlxj

秋と言えばこの曲を思い出します

岐阜市たまもりピアノ・リトミック教室 玉護眞理子です。

ブログを読んでくださってありがとうございます。


秋といえば・・・

今日は第2位を・・・

https://youtu.be/YIQAym3sJ-A

「赤とんぼ」(赤蜻蛉、あかとんぼ)は、三木露風の作詞、山田耕筰の作曲による、
日本の代表的な童謡

夕暮れ時に赤とんぼを見て、昔を懐かしく思い出すという、
郷愁にあふれた歌詞

長女が中学生の時に声楽を習い始めました。

よく歌っていたので

次女は保育園児の時に歌っていました。

かわいかったですよ。車の後ろシートに座って

大きな声でうたっていると。

音楽は何年経っても

その時に情景を心に思い浮かべます。

たまもりピアノ・リトミック教室では生徒募集中です。

お気軽にお尋ねください。

公式LINEはこちら

@008rxlxj

北海道の民族音楽 ウポポイお休みでした

岐阜市たまもりピアノ・リトミック教室

玉護眞理子です。

ブログを読んでくださってありがとうございます。

下の娘のいる北海道に来ています。

大学の授業でウポポイの事を学んだそうです。

札幌駅には何カ所もコーナーがあり紹介されています。

本当はアイヌの民族音楽を生で聴こうと思って

計画しましたが、会館はお休み。

もうひとつの離れた所は営業していた様です。

日本のわらべうた、民謡、それぞれのよさがあります。

今回はその辺りを感じてと思いました。

そばの支笏湖に行ってきました。

風が吹いて木々の葉の音が聞こえました。

そう、これも音楽。

肌で感じて自然の中に!

音探し、しますね。

偶然に静かな場所の展望台から眺めるととても

自然の中の音が心地よいです。

これ、自宅もみんなで音探しできます。

たまもりピアノ・リトミック教室では

生徒募集中です。

お気軽にお尋ねください。

鍵盤の交換

岐阜市たまもりピアノ・リトミック教室 玉護眞理子です。

ブログを読んでくださってありがとうございます。

家でよく弾いているヤマハピアノC7の鍵盤が春に1つ木の部分と

白い部分が剥がれてしまいました。

慌ててネットで検索すると、どうやら糊が不具合だったよう。

調律師野方に連絡すると、

「製造番号は?」と言われました。お伝えしたところ、

「その頃の接着剤はヨーロッパの基準が変わって、

それで鍵盤全部が剥がれるかもしれないので

無料で鍵盤を新しくして交換します。」という返事でした。

そして、今月、鍵盤の代理が家に到着しました。

丁寧に扱って頂きました。

この鍵盤、昔と一緒です。今はニューアイボリーと黒檀です。

生徒さんにはC6という大きさを使っていますがアンサンブルも楽しめます。

喜んで頂けるピアノです。

たまもりピアノ・リトミック教室では生徒募集中です。

お気軽にお尋ねください。

音楽の主人公

岐阜市たまもりピアノ・リトミック教室 玉護眞理子です。

秋といえば、天高く馬肥ゆる秋、芸術の秋、食欲の秋、

なんていろいろ言われていますね。

小学校の時に

「秋は暑い夏が過ぎて、気候が良くなり、食べ物が実って

体調にもいいんだ。」みたいなお話を先生がしていました。

最近までは・・・

残暑厳しく、運動会の練習が大変。みんな、クタクタでした。

ピアノの発表会の練習が進みません。

今年は?

そう、運動会が有るか無いかわからない?

では今年の音楽は?

学校もいろいろと試行錯誤です。

教室の生徒達はピアノ大好きな子達ばかりです。

小さい子はリズムにのって楽しく手拍子。打楽器も使います。

大きい生徒達は弾きたい曲を練習しています。

音楽の有る生活、音楽の中に入って自分の世界を作る。

物語の主人公になるみたい。

『ブルグミュラー25の練習曲』「狩」「貴婦人の乗馬」

一緒に考えてみようかな!

絵本を読んでいるみたいになれるかな?

ソナチネでも考えてみようかな?

ヴェネチアのゴンドラに乗ってているかな?

なんだかわくわくしてきます。

一緒にお子さんと考えませんか?

たまもりピアノ・リトミック教室では生徒募集中です。

お気軽にお尋ねください。

育脳ピアノ

岐阜市 たまもりピアノ・リトミック教室 玉護眞理子です。
ブログの訪問、ありがとうございます。
脳科学の発展によって
今は、
右脳は感覚、左脳は思考
はもう昔の話なんだそうです。

病院でのMRIのお話、聞きますよね!!!

そこから研究が始まりました。

音楽と言語は、同じ場所で認知されていて、
左右両方の大脳半球を使用しているとのこと。

音楽の方が、言語より脳を広範囲で使用していることがわかってきています。

音楽は、左右両方の大脳半球を使っているって!!
しかも言語より広範囲なんだそうです。

脳を鍛えるには音楽ですね!
また、幼児期の言語習得に聴覚がとても重要な役割を担っています。
音楽で聴覚の発達を促し
言語の発達にいい影響ができたら!!


当教室では、純粋な音楽の習得もさることながら
生徒さんのそれぞれの個性を考えて、年齢に合わせたアプローチを意識してレッスン
していっています。

まさに

音楽で脳トレ !

脳科学と音楽、
どんな研究がされているか、このブログでも紹介していきます。

お寺フェスティバル、終了しました

岐阜市ピアノリトミック教室玉護眞理子です。

9月11日 土曜日 13:30から火渡り修行を終えて演奏会となりました。

火渡りからずっと岐阜新聞社の記者の方にご覧いただき12日 日曜日の朝刊に

記載していただきました。生徒たちは7月3日の演奏会が終わって

しばらくしたら取り組んだので夏休み返上でした。とてもよく頑張ったね❣

緊急事態宣言の中、蜜にならず、でもそれぞれの祈りを込めて

火渡りと音楽の奉納ができました。

サマーコンサート

岐阜市たまもりピアノ・リトミック教室 玉護眞理子です。ブログの訪問、ありがとうございます。サマーコンサートが終了してもう1ヶ月以上も経ちました。

YouTubeにも第1部と第2部とにわけて動画をアップロードしています。

ピアノ・声楽・作曲と長年レッスンを受けていますが,師事しています先生方と2年も連続して演奏会が開けられるなんて夢の様です。娘、生徒達も一緒なんて、岐阜県の計らいで実現できました。

進学高校を目指している生徒、弾きたいと自己申告あっただけ、よく頑張りました。ニューフェースの子供達もお姉さんも広いホールで堂々と弾けました。

リトミックに思うこと

岐阜市たまもりピアノ・リトミック教室玉護眞理子です。ブログの訪問ありがとうございます。                                                                  

リトミック、幼児のお稽古事だと思っていませんか?初めは音楽を弁妙する大人のためにックック・ダルクローズが提唱しました。この頃はいろんな場面で使われていますよ。老人の転倒防止。これを勉強したくて日本ジャック・ダルクローズ協会に入りました。                                                            

リズム体験しながら動くこと、とても健康にいいんです。肩の痛みが微妙に取れなかったときにスカーフを振っていました。軽くなるんです。授業でとんだり,はねたり、長時間のドライブ、ハイヒールで歩いて、膝を痛めたとき、規則正しいゆるりとした動きがよく効きます。もちろん、病院へ行って治療も受けます。最後の一歩に役立つんです。身をもって転倒防止が役立つことがわかりました。他にもパーキンソン病の歩行訓練の研究があります。音楽に合わせて動く、すごいですね。スイスのジュネーブでは他にも痴呆症の予防とか老人に対する研究がされています        。

だったら子供は? もちろんOK。 絵本の挿絵を即興の歌にする、中にあるオトノマペをまねしてみる、ホント、聴力・集中力がつきますよね。まねから発展する創造力もつきます。なりきりマンになって想像力も!

ただ今、たまもり教室では生徒募集中です。お気軽にお問い合わせください。                    

コードネームについて

岐阜市たまもりピアノ・リトミック教室 玉護眞理子です。                                   ブログわ読んでくださってありがとうございます。

コードネームはポピュラー音楽の世界って思っていらっしゃる方、多くないでしょうか?またはギターで使うとか。確かに多くはそのように使っています。が、自宅生徒さん、バスティンを使うとまずアメリカ音名、調号によるコードの理解とがすぐに出てきます。そうでなくても2017年に出版されたジュニアクラスの楽典テキスト・ワークにも掲載されています。

これって覚えるとすごく便利なんです。幼児の歌伴奏に書いてあるとちょっと簡単に変えられるし、一段譜でもできてしまいます。なので子供達に時々コード譜を渡して「虫の声」「かごめかごめ」とかをコードネームを見て伴奏付けています。

長年の経験を生かしてピアノに関する事でしたらいろいろな方法でレッスン出来ます。

子供の歌のこと

岐阜市たまもりピアノ・リトミック教室 玉護眞理子です。ブログを読んでくださってありがとうございます。                                                                                  

発表会で歌う事をこのところ、2回続けています。フランス語の鼻母音の発音はなかなか難しいのですが練習の時は猫みたい、とか鼻をかむときみたいに、など言うとそれらしく発音しています。

今日は自分の声楽のレッスンでした。師匠より「子供達のフランス語、よかったですね。」と    コメントを頂きました。イタリア語は師匠のおすすめ曲で、そちらも「小さい子がイタリア語で歌っていてよかった。」とコメントを頂きました。ちょっとゆっくり歌うようにしました。速いと体をつかって歌いにくいんです。ホールでマイクを使わないで歌う時は全身を使わないとホール内に響かないです。ピアノも全身を使って弾きます。体の軸を使うことは一緒です。

機会がある毎に子供の曲で英語、フランス語、イタリア語、ロシア語、ドイツ語も馴染んでもらえる様に考えていきたいです。音楽の作曲家って母国語で話しています。いろいろな国の言葉を使っていますよね。音楽もお国柄があるんだと思います。それに言葉に親しむことで外国が身近に感じられますよ。(私だけかもしれませんが英語より歌で覚えるいろいろな国の言葉の方が興味があります)

レッスン再開

岐阜市たまもりピアノ・リトミック教室玉護眞理子です。ブログを読んでくださってありがとうございます。

先週のサマーコンサートの後は1週間のお休みをさせて頂きました。その間にレッスンの進め方、学会の発表要旨のまとめ、ためてしまった和声の課題、家のお掃除と盛りたくさんのお仕事いたしました。

今日は朝一から元気な声が聞けました。自分の演奏が出始めから速くて怖かったって。大丈夫でしたよ。聴いていた私も驚きましたが、大成功。みんな楽しかったて言っていました。練習の成果、それぞれに弾けて良かったです。歌もピアノのレッスンの中で個人個人で進めましたがホールに澄んだ声で聴けました。元気な生徒達を見るとこちらも元気をもらえますよね。

新しい曲を練習してきてました。一緒に練習した生徒もいます。高校受験の生徒も継続してレッスンに通うことになりました。10年超えました。振り返れば懐かしい思い出がたくさんあります。来週にかけてみんなに会えるのが楽しみです。

サマーコンサートの後のひととき

岐阜市たまもりピアノ・リトミック教室玉護眞理子です。ブログを読んでくださってありがとうございます。発表会が終わると1週間はお休みしています。どうして?生徒さんにレッスンで弾く曲がないことが多いです。その間にアンケート用集計や次のレッスンの準備、何を中心に行うか、テーマを決めています。今年は入会してすぐに発表会に出演した生徒さんが4人いたので通常のレッスンと両方で進めました。私がおすすめなのはリズムや譜読みが並行してできること。当然だって思われるかもしれませんが忙しい子供達のことなので曲が弾けるようになるには時間がかかる時もありますよね。

それで子供向けの楽典のテキストが終わったら、それを習っている曲の中で使ってソルフェージュ。フォルマシオン・ミュジカルも1ヶ月1回1時間のグループレッスンで理解度が深くなりました。なんだかんだと進めていくうちに、子供達は成長して行きます。ホント、子供って素晴らしいです。成長のサポートができてとっても甲斐がありますよね。

サマーコンサート終了しました

岐阜市たまもりピアノ・リトミック教室玉護眞理子です。ゲストの先生方、出演者の皆さんお疲れ様でした。また、家で支えてくださった保護者の皆様もご協力ありがとうございました。そして子供達、よく頑張りました。学校が忙しい、塾や他のお稽古事と重なっているなどありましたがそれぞれの個性に合った曲を弾いてまとめまっていました。ピアノのソロは自分で家族と話し合って決める、先生に選んでもらった中から決めるのどちらかです。(当たり前ですが・・・) 今回は新人の生徒さんが何名か参加してくださったので2台ピアノの子供向けの曲がたくさんになりました。コロナ禍の前は連弾だったのです。ソーシャルディスタンスに気をつけて2台ピアノにしました。これは岐阜県の助成事業のため実現しました。

生徒達にもソーシャルディスタンスに気をつけて歌も歌ってもらいました。ピアノを弾くときに歌の様に呼吸を使うんです。そして作曲家は外国人の曲が多いです。単語1つにしても日本語と区切りが違いますよね。だからフレーズをあじわってもらうためにイタリア語、フランス語、昨年は英語でも子供用の曲を歌ってもらいまし昨年昨年の積み重ねでそれぞれが発声、呼吸、言葉が上達しました。ピアノだけでも大変だけど、これって外国語に興味を持って大人になっても違和感がなくなるんではないでしょうか。

第2部として私はレオンカヴァッロの「道化師」のアリア、いつもお世話になっているサロンホールのオーナーでオペラでもご活躍の松岡氏のグルック「パーリデとエレーナ」のアリアと盛りだくさんでした。娘のドニゼッティのオペラ「連隊の娘」のアリア、師事しています、岡本茂朗先生のレオンカヴァッロのオペラ「ザザ」からオペラアリア 石山英明先生とのモーツァルトの2台ピアノをひかせて頂きましたが小さなコンチェルトのような曲でした。掛け合いあり、軽快でジョークのようかと思えば、深い悲しみが訪れて様々な要素が盛りだくさんでした。    

埼玉から来た娘は朝5:30に家をでたのに東京に着いたとたんに新幹線が豪雨のためストップして4時間近く足止め、でも間に合って演奏会で歌う事ができました。そうそう第1部の時にドビュッシーの練習曲第1番を弾きました。

おかげさまをもちまして無事終了いたしました。終わり良ければ最初良し、のごとく次の7月4日に中日新聞の朝刊の近郊版にサマーコンサートの様子を掲載して頂きました。

どこの部分もすべてうまくいって初めてコンサートが成り立ちます。関係者の皆様、本当にありがとうございました。後日、YouTubeで録画をお届けしますね。よろしくお願いいたします。

7月3日演奏会

岐阜市たまもりピアノ・リトミック教室玉護眞理子です。いよいよ明日となりました。

ホールの予約が2020年12月1日だったので抽選にいって、順番待ちしていましたがたくさんの申込でなんとか7月にこぎつけました。生徒達は練習も学校の合間に重ねてきました。 動画撮影が途中で決まって急ピッチで進んでいきました。ゲストの先生とのあわせや練習、大学の新しい授業の取り組みが重なってあっという間でした。いつも思い出に残る演奏会ですが進行中は大変です。                                                                  

今日は自分の演奏曲に思ったことを少し書きますね。声楽も楽しいんです。レオンカヴァッロ作曲「道化師」の鳥の歌、ネッダが歌うのは鳥に託した自由への憧れ、どんな苦境も乗り越えて大海原を渡り飛んでゆく姿が曲の伴奏の和音に非常にマッチングしています。彼女の不安や期待がすごく表現がしやすいです。                                                   

モーツァルトの2台ピアノのためのソナタK.V.448は全楽章演奏会で聞くことは珍しいです。アンサンブルを得意とする師匠に横でいろいろな音色を聞き分けながら自分の音色も聴いてみる。とても勉強になります。

そして生徒達。この曲、あの曲と選び飛行とする姿勢が素晴らしいです。難しすぎじゃあない?と止めても,へこたれず頑張る姿はネッダの鳥の歌にも共通する事がある!目標を決めたら一途にそのゴールに向かう姿は微笑ましく,指導の甲斐もありますね。

このファイトが後々の受験やオーディション、コンクールにもつながっていきますね。

ただ今、たまもりピアノ・リトミック教室では生徒募集中です。気軽にお問い合わせください。

育脳ピアノ2

脳科学の発展によって
今は、
右脳は感覚、左脳は思考
はもう昔の話なんだそうです。

音楽と言語は、同じ場所で認知されていて、
左右両方の大脳半球を使用しているとのこと。

なんと!
音楽の方が、言語より脳を広範囲で使用していることがわかってきています。

すごい!MRIの出現で脳の働きがわかるのですね。

音楽は、左右両方の大脳半球を使っているって!!
しかも言語より広範囲

脳を鍛えるには音楽ですね!
また、幼児期の言語習得に聴覚がとても重要な役割を担っています。
音楽で聴覚の発達を促し
言語の発達にいい影響ができたら!!


当教室では、純粋な音楽の習得もさることながら脳科学と発達心理学をふまえて、
生徒さんのそれぞれの年齢に合わせたアプローチを意識してレッスン
していっています。

まさに

音楽で脳トレ !

脳科学と音楽、
どんな研究がされているか、さらにこのブログでも紹介していきますね。

ブログをフォローしてください

新しいコンテンツを直接メールでお届けします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。